つばめ桜まつりとは




「つばめ桜まつり」は、大河津分水工事への感謝の心で植樹された約2,600本の美しい桜並木と、絢爛豪華な「分水おいらん道中」、地域の力を結集したさくらイベントなどによる、越後平野に春を告げる催しです。
2022年は大河津分水通水100周年を迎える年。「2022つばめ桜まつり」は、大河津分水桜並木や分水駅での夜桜ライトアップや市内でのさくらイベントを開催。また、3年ぶりの「分水おいらん道中」は、絢爛豪華な衣裳に身を包んだ「分水太夫」が約20名の付き人を従え、大河津分水通水100周年の特別な道中を披露いたします。

夜桜ライトアップと協賛ぼんぼり・プラカードの掲出


大河津分水桜並木ライトアップ

期間/4月4日(月)から17日(日) 午後6時~9時30分
場所/大河津分水桜並木【協賛媒体掲出】、JR分水駅

協賛媒体の大ぼんぼり・中ぼんぼりを大河津分水さくら公園内に初掲出!

ご協賛いただいた皆さまは下記PDFデータのとおりです。誠にありがとうございました。

ご協賛一覧【PDF/442KB】

さくらイベント