つばめ桜まつりとは




※2021年の情報です※

「つばめ桜まつり」は、大河津分水路工事への感謝の心で植樹された約2,600本の美しい桜並木と、絢爛豪華な「分水おいらん道中」、地域の力を結集した「さくらフェス」などによる、越後平野に春を告げる催しです。
毎年4月第3日曜には、「分水おいらん道中」が行われ、おいらん役3名が、付人役60名を従えて、商店街と桜並木を優雅に練り歩き、暖かく美しい春の訪れをお届けします。※感染症拡大防止を鑑み、2021年は中止
「2021つばめ桜まつり」は、大河津分水桜並木や分水駅等での夜桜ライトアップ、大河津分水通水100年記念のプレイベントとして、安全安心第一に規模を分散・縮小させた「さくらフェス」の開催、PR動画の配信などを予定しています。

夜桜ライトアップと協賛ぼんぼり・プラカードの掲出


大河津分水桜並木ライトアップ

期間/4月5日(月)から18日(日) 午後6時~9時30分
場所/大河津分水桜並木【協賛媒体掲出】、JR分水駅、
中ノ口川左岸(燕市文化会館前)

さくらフェス

つばめの春を桜でつなぐイベント。例年の燕・吉田地区に加え、2021年は大河津分水さくら公園で初開催!
飲食物販、参加型ワークショップ、ステージイベントなど家族一緒に楽しめます!


【イベント中止のお知らせ】
4月18日(日)開催の【さくらフェス@大河津分水さくら公園】と【おいらん変身コーナー】は、荒天予報のため、残念ながら、中止します。

楽しみにしていた皆様と関係各位に、心よりお詫び申し上げます。
安心安全第一なイベント運営に、ご理解の程、何卒お願い申し上げます。
なお、さくらスタンプラリーの18日分のスタンプとコンプリートのちょっぴりプレゼントは、燕市産業史料館受付にて5月16日(日)まで配布します。台紙をお持ちの方はぜひお越しください。


さくらフェス